査定額アップの為の車掃除で触れてはならない箇所も

査定額アップの為の車掃除で触れてはならない箇所も

本日私はある場所で、危険物に関する注意書きを見ました。そして私はそれを見て、車買取のセオリーの1つをふと思い出したのです。掃除に関するセオリーです。

 

まず本日私が見かけた物なのですが、「触れてはならない」という張り紙でしたね。どうもその場所には、危険物があるようなのです。うかつに触れてしまうと大変な事になってしまいかねませんので、触らないようにして下さいという紙が貼られていた訳ですね。街でよく見かける光景の1つです。

 

それがなぜ車の買取に関係あるかというと、車の査定額を少しでも上げたいのでしたら上記の張り紙で述べられていた事が1つのポイントになるからです。

 

車の買取のセオリーの1つに、掃除をするべきというものがあります。掃除をしておいた方が、買い取り業者に対するイメージが良くなるからです。掃除をしなくても査定額が大幅ダウンする事はありません。しかし丁寧に掃除をしておいた方が、査定士に対する印象は良くなる訳ですね。それを考えれば、車を掃除しておくべきという事になります。
プリウス 買取

 

しかし自信が無い箇所に対しては、無理に掃除を行う必要はありません。というよりも、掃除をしない方が良い一面があるのです。

 

例えば車の座席面ですね。あの箇所は車の全パーツの中でも、比較的傷がつきやすいです。という事は座席面を強くこすってしまいますと、車に傷が付いてしまう可能性がある訳ですね。それにより金額の大幅ダウンが発生してしまう可能性があります。

 

それはどこか、上記の危険物にも似ていると思いませんでしょうか。触れてはいけないからです。座席面に触れてはならないという紙は貼らないにしても、とにかく自信を持てない箇所には触らない方が良い訳ですね。車の査定額アップの為に掃除をする際には、傷が付かないよう色々配慮するのが大事だと考えます。